【2回目記事】caffe parlante (カフェ パルランテ)【春日井市】

    スポンサードリンク


    久々に高蔵寺のカフェパルランテさんにお邪魔してきました。
    parlante2001.jpg
    いつも大体夕方か夜にばかり来ていたので、昼間にお邪魔したのは初めてです。

    この時は奇跡的にかなり空いていて、お客さんが途切れた瞬間があったので、昼間の店内を激写させてもらいました(笑)
    parlante2004.jpg

    parlante2010.jpg

    parlante2006.jpg

    さて!パルランテさんは、あくまでコーヒー屋さんですからね。
    ここからが凄いところですよ!実はこちらのお店では中部地方では唯一(2014年1月現在)あのミ・カフェートの豆を使ったコーヒーが飲めるんです!
    え?ミ・カフェートを知らない?ウソ?本当に知らないんですか?(何かの通販のCMみたいになってきた・・・)
    ミ・カフェートというのは世界中の美味しいコーヒーを求めてあちこち飛び回っている川島良彰さんという方が立ち上げたお店で、徹底的にこだわりぬいたコーヒー豆を販売しているお店というかブランドというかそういうところです。もっと細かい説明もしたいのですが、一から全部説明するのは面倒なので、ミ・カフェートの公式HP
    この本を読んで下さい(笑)


    まぁ、すごいコーヒーのブランドだと思ってもらえればいいです。

    そのミ・カフェートのコーヒーの中でもランクがあり 

    グラン・クリュ・カフェ(一番高い超すごいやつ)
    「コーヒーのために出来ることは全てやる」がコンセプトだそうです。

    参考までにこのコーヒー豆の価格をお教えしておきましょうか…
    価格は100g7000円です、ですがもちろんコーヒー1杯の価格はもう少しお安いのでご心配なく…(ってオイオイ!w)


    プルミエ・クリュ・カフェ(その次にすごいやつ)


    コーヒーハンターズ(比較的手頃だけどすごいやつ 写真はパルランテさん仕様のもの)
    parlante2007.jpg

    ボトルの中に豆が詰めてあるのもオシャレでいい感じですが、意味もなくボトルに詰めてあるわけではありません。コーヒー豆は時間とともに炭酸ガスを放出しますが、そのガスと一緒にアロマ(香り)も一緒に放出してしまいます。しかしミ・カフェートではそれを防ぐためにわざわざボトル詰めにしているのです(当然圧力に耐えられるボトルです)
    それぞれのコーヒーについて詳しくはミ・カフェート公式HPのこの辺りをご覧ください。


    この日はなんとっ、一番高い「グラン・クリュ・カフェ」を清水の舞台から飛び降りるつもりで頼んでしまいました!
    一杯1600円ですよ!1600円!店内で飲むコーヒー1杯の価格ですよ!? あの大須のセレーサさんもビックリですよ!
    (グラン・クリュ・カフェはいつでもあるわけではなく、仕入れの都合上豆が切れる場合もありますので、どうしても飲みたい方は事前に公式blogなどでチェックしてから行ってみてください)

    普通のグラン・クリュ・カフェの容器ボトルはもっと大きめの何杯分かの豆が入ったボトルなのですが、パルランテさんには1杯分の豆が入った小さなボトルで納入されています(販売用に大きなボトルのもあったかも・・)
    parlante2011.jpg
    これ、実はパルランテのオーナーさんがミ・カフェートの川島さんに頼み込んで1杯分のボトルを作って貰ったんだそうです。川島さんに「『コーヒーのために出来ることは全てやる』んでしょ!」と言ったとか言ってないとか(笑)
    ちなみにグラン・クリュ・カフェを飲んだ人はこの空のボトルを貰うことが出来ます。僕もいただきました。

    それにこんなコーヒー豆の説明書まで貰えちゃうんですよ(これはグラン・クリュ・カフェを注文した初回だけです)
    parlante2009.jpg

    さて、味の方は・・・流石に一点の曇りもないこのすっきり感はすごい、素直に美味い!
    グラン・クリュ・カフェ コロンビア ベジャビスタ農園(1600円)
    parlante2008.jpg
    貧民の僕ではそんなに頻繁にいただくことはできませんが、ハレの日には是非一杯いただきたいと思いますね。高級ワインがあるのと同じでこれは高級なコーヒーという感じです、コーヒーにもそういう時代がやってきているのかもしれません。

    ちなみにパルランテさんでは、普通のコーヒーでもミ・カフェートの「コーヒーハンターズ」シリーズを使用されています。(カプチーノなどエスプレッソ系のメニューはカジタさんの豆を使用)
    まろやか(450円)
    parlante2012.jpg
    流石に「グラン・クリュ・カフェ」にはかないませんが、それでも十二分に美味しいです、だいたいからしてミ・カフェートのコーヒーが1杯450円ってかなりオトク価格だと思いますし(名古屋市内だと450円より高いコーヒーっていくらでもありますよね)それからこれは同じ春日井市内のカスガイバルさんなどもそうなんですが、コーヒー一杯がたっぷりで多めなんですよね。普通のコーヒー屋さんだともっと小さめのカップであることが多いです(濃さなどの関係もありますし、多ければいいというものでもないかもしれませんが)

    いやぁ、この日はかなり贅沢してしまいましたが、十分な満足感がありました。
    次もまた是非グラン・クリュ・カフェを味わってみたいです^^ 今度はこの日頼み忘れたデザートもね。

    住所:愛知県春日井市不二町2-6-7
    電話:0568-53-2477(忙しいお店なので極力電話は控えて下さい
    公式blog:http://www.caffeparlante.com/
    駐車場や営業時間などの基本情報はこちら
    関連記事

    スポンサードリンク

    人気ブログランキングへ

    コメント

    丁寧な解説ー素晴らしい!
    PIYOさんへ
    いや~、今回は結構記事書くのに苦労しました。
    お褒めいただきありがとうございます!PIYOさんにそう言ってもらえると自信が持てます^^

    コメントの投稿

    非公開コメント


    価格等の情報は取材時から改定されていることもありますので目安程度に見ておいて下さい
    写真を使用していただいているお店
    蓮庵さんの公式HP
    中国茶 L'O-Vuさんの公式HP
    Cafe de Lyonさんの公式HP
    CAFE WALTZさんの公式HP
    薬草Labo棘さんの公式HP
    mori cafeさんの公式HP
    華なりさんの公式HP
    虹の樹さんの公式HP

    このブログに掲載している写真の二次利用についてはこちらのページをご覧ください
    レイガスのカフェ本が出版されました
    東海カフェ散歩
    (2016年12月発行) 取扱書店など詳しくはこちら
    最近のコメント
    リンク
    最近のトラックバック
    プロフィール

    レイガス

    Author:レイガス
    カフェなどでお茶や珈琲を飲んでマッタリするのが好きです。
    このブログでは管理人が名古屋および近県のカフェ巡り日記を書いていきます。
    トラックバック、リンク歓迎です。
    ご意見やご感想、いいカフェの情報等ありましたら、メールいただけると嬉しいです。
    (お店の方へ)
    ブログに載せている情報に、間違いや誤解を招く表現があると思われた場合遠慮なくご連絡下さい。
    出来るだけ迅速に対応させていただきます。よろしくお願いいたします。

    アクセスカウンター
    RSSリンク